こだわりの挽きたてクラシックカフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「モンスターハンター」より「英雄の証」〜東京フィルによるオーケストラコンサートライヴ版

<<   作成日時 : 2016/04/02 08:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

「題名のない音楽会」で前ブログでエントリーした「ファイナルファンタジー」以外にも最近関心のあった曲が演奏されていた。曲名はゲーム「モンスターハンター」より「英雄の証」。テレビは吹奏楽版での演奏だったが、CMなどでオーケストラ版が流れているのを聴いていたので、オケ版が収録されているアルバム「モンスターハンターオーケストラコンサート〜狩猟音楽祭2012」(カプコン国内盤)を購入。2012年に東京国際フォーラムAでの東京プレミアム公演をライヴ収録したもので、2枚組の最後の曲として収録されていた。当日はアンコール3曲目に演奏されたという。
全体にスペクタクルでシンフォニックなサウンドの曲で、スーパーマンのテーマと似た雰囲気のリズムを刻むの序奏に続き、ホルンセクションとトロンボーンセクションによって勇壮なテーマが奏でられる冒頭部分、ストリングスによって美しく語られる中間部など、聴かせ所が多い。これがゲームのBGMとしてオケサウンドが流れていればきっと興奮するに違いない。

作曲は甲田雅人氏。自分は初めて知った作曲家だが、もともと、カプコンの社員だという。題名のない音楽会で、本曲は「宇宙戦艦ヤマト」がイメージの源だと紹介されていたが、まさしくその通りで、冒頭のブラスが奏でる勇壮なテーマはそんな宇宙戦艦ヤマトだけでなく、スーパーマン、スターウォーズといった宇宙もののサントラに通じるものがあるし、中間部は大河ドラマ的な要素も兼ね備えており、ドラマ性が高い。

本ライヴ盤の演奏は東京フィルハーモニー交響楽団。どのような縁で東京フィルがモンスターハンターのコンサートが実現したのかが気になるところだが、推測としては、東京フィルはオペラ等の公演実績が多く、劇伴音楽に強いオケである点や、「ディズニー・オン・クラシック」に代表されるディズニー音楽のコンサートでツアーも行っており、多方面で柔軟な活動をしているオケだからだろう。

会場が最大5000名収容できる東京国際フォーラムのAホールだけに、オケの録音には難易度が高かったと思うが、聴衆の拍手で、当時の興奮ぶりが伝わってくるのが嬉しい。
巷ではドラゴンクエストのオーケストラコンサートがチケット完売になったりと、オーケストラによるゲーム音楽のコンサートが若い聴衆を中心に盛況なようだ。ゲーム音楽を通じてオーケストラやクラシックの存在を知るきっかけになれば、新たなクラシック層の掘り起こしにもつながるだろう。自分もその一人としてトレンドを追っていきたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「モンスターハンター」より「英雄の証」〜東京フィルによるオーケストラコンサートライヴ版 こだわりの挽きたてクラシックカフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる