こだわりの挽きたてクラシックカフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開記念〜コージアン指揮ユタ響による「スター・ウォーズ三部作」

<<   作成日時 : 2015/12/31 07:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

2015年最大話題作となるであろう映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開された。公開前から多くのメディアでも報道されていたので、ファンにとっては待ち遠しかったに違いない。かねてからジョン・ウィリアムズファンの自分にとってもスター・ウォーズは彼の代表作の一つであり、御年83歳になるウィリアムズが、今回、どんなサントラを新たに生み出したのか、関心は尽きない。
そんなスター・ウォーズの最新作公開記念に、スター・ウォーズの世界に気軽に浸れる一枚として、こだクラおススメのディスクを。
それは「スター・ウォーズ・トリロジー」と題された三部作の代表曲が収録されたディスクで、1983年、当時「ジェダイの帰還(ジェダイの復讐)」が公開された直後に米国オケのユタ交響楽団によって録音された一枚。レーベルはサントラを中心とした大手レーベルの米国VARESE SARABANDEからリリースされたもの。ライナーノーツ上でジョン・ウィリアムズ自身も推薦コメントを寄せていることから、作曲者公認のアルバムだったことが窺える。収録曲は以下の通り。

1. 20世紀フォックス・ファンファーレ
【スター・ウォーズ】
2. メイン・タイトル
3. レイア姫のテーマ
4. ヒア・ゼイ・カム
【スター・ウォーズ/帝国の逆襲】
5. 小惑星の原野
6. ヨーダのテーマ
7. 帝国のマーチ〜ダース・ベイダーのテーマ
【スター・ウォーズ/ジェダイの復讐】
8. イウォーク族のパレード
9. ルークとレイア
10. TIEファイターズとの戦い
11. ジャバ・ザ・ハット
12. ダース・ベイダーの死
13. 森林での闘い
14. フィナーレ

ヴァルジャン・コージアン指揮 ユタ交響楽団
(1983年7月録音、シンフォニーホール、ソルトレイクシティにて収録、VARESE SARABANDE海外盤)


本アルバムならではのウリというと、まず一曲目に20世紀フォックスファンファーレが収録されている点。スネアとトランペットで始まるあの有名なファンファーレの旋律を聴くと、久方ぶりにスター・ウォーズに接する人でも一気に映画館にいるような雰囲気に誘われるだろう。
自分自身、本アルバムを最初に聴いたのは中学生の頃で、当時、ユタ交響楽団の音源に接したのも本アルバムが初めてだったが、すでにスター・ウォーズの音源として親しんでいたズービン・メータ&ロス・フィルジョン・ウィリアムズ&ボストン・ポップスにひけをとらない演奏レベルの高さにまず驚かされた。スター・ウォーズ作品ではブラスセクションが要となるが、特にトランペットセクションを筆頭に、パンチの効きたユタ響ブラスセクションの巧さに感心させられる。

そしてもう一つ素晴らしいのがテンポ運びの巧さ。これは指揮者のコージアン(1935-1993)の力によるところも大きいと思うが、サントラ的なスリル感を保ちつつ、聴かせるツボを心得たサウンドにまとめており、推進力に満ちた演奏になっている。実際に映画を観ていなくても、ビジュアルが浮かび上がってくるようだ。コージアンがどんな指揮者か気になる所だが、把握している情報としては、レバノン出身でパリ音楽院をヴァイオリンで卒業し、ロス・フィルのアシスタントコンサートマスターを務めた後、指揮者に転向している。ユタ響とは1981〜1984年まで指揮者を務めており、他にベルリオーズの「幻想交響曲」をレコーディングしている。
なお、本アルバムには10曲目に収録された「TIEファイターズとの戦い」と12曲目に収録された「ダース・ベイダーの死」はオリジナルサントラには未収録の音源となっている点も発売当時のウリだったようだ。その半面、唯一惜しまれるのは「王座の間とエンドタイトル」が収録されていない点。ズービン・メータ&ロス・フィルの名演は存在するものの、是非彼らの演奏も聴いてみたかった。
なお、本アルバムはサウンドストリーム社によるデジタル録音を採用、サウンドストリーム社といえばハイクォリティな録音で知られたTELARCレーベルも当時よく使用しており、オーディオ的にも楽しめることも特筆しておきたい、

その後、2002年のユタ州ソルトレイクシティで開催された冬季オリンピックでは、ジョン・ウィリアムズ自身がオリンピックテーマ曲を作曲(「コール・オブ・ザ・チャンピオンズ」)、また2011年にユタ交響楽団を指揮して、本ブログでもエントリーしたオリンピックアルバムをレコーディングしており、作曲家にとっても縁のあるオケとなっている。この冬、スター・ウォーズの音源を聴くと心がぽかぽかしてきて寒さもしのげそうだ。

【参考:こだクラで過去に取り上げた「スター・ウォーズ」関連のブログ】
■ロンドン響による映画・TVサントラ選C〜ジョン・ウィリアムズによるアカデミー賞作品集
■【追悼】 伝説に残るロンドン交響楽団の首席トランペット奏者 モーリス・マーフィー
■映画ファン必聴!英国の名門、ロイヤル・フィルによる映画音楽アルバム「FILMHARMONIC」
■ウィーン・フィル流「スター・ウォーズ」サウンド!〜Trp元首席ハンス・ガンシュが率いるスーパー集団
■真夏の星空に・・・おまけ〜ロンドン交響楽団によるスペース・ムービー・テーマ集
■真夏の星空に・・・そのA:組曲「スター・ウォーズ」〜ズービン・メータ&ロス・フィル盤
■音大ウィンド・オケ(洗足学園&昭和音大)、真夏のバトル!〜コンサート鑑賞記(8月5日ミューザ川崎)
■ダース・ベイダーとスラットキンの意外(?)な関係〜セントルイス響のマーチ・アルバム

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開記念〜コージアン指揮ユタ響による「スター・ウォーズ三部作」 こだわりの挽きたてクラシックカフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる