こだわりの挽きたてクラシックカフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS オーケストラ版「それいけ!アンパンマン」〜名門チェコ・フィルとのクラシックアルバム

<<   作成日時 : 2014/02/01 10:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

昨秋、アンパンマンの作者、やなせたかし氏が亡くなった。享年94歳。アニメ「それいけ!アンパンマン」が大ヒットした当時、既に69歳という遅咲きだったが、自分の顔(アンパン)と引換えに、人々に勇気と希望を与えるヒーローは、戦争を体験した作者だったからこそ生まれたキャラクターだったのだろう。自分自身、アンパンマンは絵本を通じて知ったキャラクターだが、今やアニメ版が当たり前の時代となっており、知名度ではドラえもんと並ぶか、もしかしたらそれ以上かもしれない。アンパンマンといえば「アンパンマンのマーチ」や「アンパンマンたいそう」、「勇気りんりん」がお馴染みだが、今やアニメのオリジナル曲だけでなく、オケ版までが存在する。チェコの名門オケ、チェコ・フィルを起用したアルバム『それいけ!アンパンマン アンパンマン・クラシックス』(ドボルザーク・ホールにて収録、VAP国内盤)はそんな一枚。個人的には、あの残響豊かなドボルザーク・ホールの空間でアンパンマンワールドを堪能できるわけで、これほど贅沢な事はない。収録曲は以下の通り。

@アンパンマンのマーチ(クラシックバージョン)
Aアンパンマンたいそう(クラシックバージョン)
Bサンサンたいそう(クラシックバージョン)
Cいくぞ!ばいきんまん(クラシックバージョン)
Dおなじみしょくぱんまん(クラシックバージョン)
Eとべ!カレーパンマン(クラシックバージョン)
Fパンナのパンチ(クラシックバージョン)
Gぼくらはヒーロー(クラシックバージョン)
Hすすめ!アンパンマン号(クラシックバージョン)
I私はドキンちゃん(クラシックバージョン)
Jアンパンマン音頭(クラシックバージョン)
K勇気りんりん(クラシックバージョン)

マリオ・クレメンス指揮
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団


アレンジは全体的にシンフォニック且つファンタジーに富んだ仕上がり。原曲の持ち味を損なわず、子供の夢を大切にしている姿勢が伺われる。アレンジャーの野見祐二氏(b.1958)はプロフィールによると、坂本龍一氏の名作「ラストエンペラー」のオーケストレーションを手掛ける等、実力派の作曲家・アレンジャー。
例えば、「アンパンマンのマーチ」はトランペットによるファンファーレを挿入したオープニングが勇壮さを醸し出しているし、「アンパンマンたいそう」は原曲とは一転、バラード風で、夕焼けの日差しを浴びながら、「アンパンマンは、きみっさ〜♪」と口ずさんでいるかのよう。また、「勇気りんりん」は3拍子のワルツ形式による豪華絢爛な仕上がりで、まるで舞踏会に誘われたかのよう。どこか、ハチャトゥリアンの「仮面舞踏会」の「ワルツ」に通じるようなテイストがある。全体を通じ、チェコ・フィルの強みとする瑞々しいストリングスや、滑らかなブラスセクションが存分に鳴っており充分に楽しめた。録音ディレクター・エンジニアは現在オクタヴィアレーベルの代表の江崎友淑氏が担当。これまでキャニオンレーベル時代からチェコ・フィルと関わっていただけに高品位な音が楽しめる。指揮を努めるマリオ・クレメンスは、宮崎アニメの代表作の一つ、「もののけ姫」のサントラでもチェコ・フィルと共演しており、映画音楽に精通しているという。
ロンドン響ロンドン・フィルロイヤル・フィルといった英国オケと異なり、チェコ・フィルはハートフルなテイストの音楽にはぴったりなオケかもしれない。
聴き慣れたアンパンマンの音楽が新鮮に蘇り、新たな発見があるオーケストラサウンドを是非オススメしたい。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーケストラ版「それいけ!アンパンマン」〜名門チェコ・フィルとのクラシックアルバム こだわりの挽きたてクラシックカフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる