こだわりの挽きたてクラシックカフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今冬の山下達郎ファンクラブ特典CDは「RISING SUN ROCK FESTIVAL」ライヴ音源!

<<   作成日時 : 2013/12/31 10:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今年も待ちにまった山下達郎のクリスマス会報が届いた。先日のツアー「PEFORMANCE2013」の余韻に浸れる嬉しい内容で、今年は3曲からなるライブ音源。いずれも昨年2010年8月14日に行われた北海道での「RISING SUN ROCK FESTIVAL2010 in EZO」( at 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ)でのPAアウトで、山下達郎にしては珍しい野外公演でのもの。いずれも達郎の十八番の曲で、一曲目は「WINDY LADY」、二曲目は「砂の女」、三曲目は「BOMBER」がライヴ順に収録されている。野外でのPAアウトながらハンディは全くなく、聴衆の掛け合う声もリアルに収録されており、当日の興奮ぶりが伝わってくる。

達郎ライヴの醍醐味の一つとして、バンドメンバーによるアドリブが挙げられるが、ここでも難波弘之のピアノや、柴田俊文のハモンドオルガンによる卓越したインタープレイが随所に垣間見られるのが、実に楽しい。例えば、「砂の女」で聴かせてくれる柴田俊文氏のハモンドオルガンはまるでジャズのライヴハウスにいるかのような錯覚を覚えてしまう。曲が終了して、達郎が「暑い!」と叫んだ後、達郎のギターカッティングによって開始される「BOMBER」は、さながら20代当時のライヴシーンを垣間見るようだ。ここでは達郎のギター、小笠原拓海のドラムによるパフォーマンスが中心。山下達郎の真髄はライヴにあり、を改めて実感させてくれるものとなった。還暦、そしてアルバム「Melodies」の発売30周年、「Seasons Greetings」の発売20周年という、トリプルアニバーサリーな一年となった。来年もツアーに是非期待したい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今冬の山下達郎ファンクラブ特典CDは「RISING SUN ROCK FESTIVAL」ライヴ音源! こだわりの挽きたてクラシックカフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる